久居花火大会とは

久居の花火大会は、昭和36年から民踊おどりコンクールと併せて陸上自衛隊久居駐屯地グラウンドで開催され、以降、夏の風物詩として毎年開催しており、津市久居地域で最も大きな観光事業として地域の活性化と観光振興を図ることを目的にしています。
 
会場観覧席では、真上に上がる花火を見あげることができ、例年多くの歓声に包まれます。
また、会場が近鉄久居駅から近いため、公共交通機関でのご来場が便利です。

  
 

【概要(2019年度)】

 
■開催場所  津市久居新町975 陸上自衛隊久居駐屯地グラウンド
■アクセス 近鉄名古屋線久居駅から徒歩5分
■交通規制 あり / 18:00頃~22:30頃 一部通行禁止・一方通行
■打ち上げ数  5,000発
■観覧者数  約55,000人
■屋台数  約100店
■有料観覧席  なし / 会場へは当日の午前6時まで立ち入りできません

タイムテーブル
18時00分 オープニング
 
19時00分 開会
 
19時15分 市民総踊り
 
20時00分 点火式(花火打上げ開始)
 
21時00分 閉会
 

交通規制図

・会場周辺道路は大変混雑します。警察、警備員の指示に従ってください。また、路上への違法駐車は絶対にやめてください。
・例年、臨時駐車場は早々に満車となります。公共交通機関をご利用いただきますようお願いします。

 

会場案内図

・開催日の前日は会場の準備をしています。大変危険ですので前日、夜間の立ち入りを禁止しています。当日午前6時以降に入場してください。
・一人でも多くの方が座って観覧できるよう、必要以上に広い場所の確保やテント等の設置はご遠慮ください。
・会場内は携帯電話がつながりにくい状態になります。迷子以外の呼び出しは致しませんので、事前に待ち合わせ場所等を確認してください。
・会場への小型無人飛行機(ドローン等)の持ち込み及び飛行はご遠慮ください。

 
 
 オープニング
民謡保存会による市民総踊り
民謡保存会による市民総踊り
 
民謡保存会による市民総踊り
民謡保存会による市民総踊り
花火打ち上げ開始